知っていましたか?薄毛に悩むのは男性だけではなく女性もハゲるのです。
今までは「ハゲる=男性」といった印象が強いですよね。
しかし今回は女性はハゲないという考えはもう古い?女性の対策一覧をご紹介します。

■女性がハゲるようになったのはなぜ?

84a41038ad8a26febcc2cca273634892_s

まずはどうしても避けられない問題、「加齢」による女性ホルモンの低下です。
女性ホルモンが低下していくと抜け毛がひどくなりハゲる原因となります。
そして現代社会における精神的なストレスによって引き起こされるホルモンバランスの異常です。
女性というのは男性よりもホルモンの影響を受けやすく人によっては肌荒れをしたりなどと、こうして身体に現れたりすることがありますよね。
現在では男女関係なく共に働いているのが当たり前の世の中ですからストレスがたまりやすい環境になってしまうのでしょう。
さらに若い女性にありがちなのは過度のダイエットによる栄養不足やホルモンバランスの異常によるものです。
「きれいであり続けたい」というのはいつになっても女性の想いでもありますよね。
経口避妊薬の服用によるホルモンバランスの急な変化によるものも前文で説明したように女性ホルモンのバランスを乱す恐れがあるのでハゲる原因だと考えられています。
何よりも直接的に影響するのが適切なシャンプー・ブラッシングケアができてなく、頭皮環境が悪化してしまうのです。頭皮に余分な脂質が残ってしまうとハゲる要因になります。

■ハゲないためにはどんな対策①:分け目を変える

実は同じ分け目にしていると、その部分が物理的に一番多く負担がかかってしまうのです。
1日2日ですぐに負担になってしまうということはありませんが、この負担がかかっている状態が続くことで負担というのはは蓄積されていきます。
そんな負担を減らすためにも分け目を変えれば負担が分散されていきますので髪や頭皮を守ることが可能になるのです。
ですが、今まで長期間同じ分け目にしていると中々クセというものはとれないと思います。
そんな時は髪を濡らして水分を与えてあげると、乾燥した状態よりもクセを取りやすくなりますよ。
もしくは濡らした髪を乾かすときに全体をほぐしながら髪を軽くつかみ、根元を乾かしていきます。

■ハゲないためにはどんな対策②:食生活の見直し

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s

女性は男性に比べて比較的に料理を得意としている方が多いと思います。
ですからなるべく自炊をするようにしましょう。自炊をすることによって摂取する栄養素というのを自ら知ることができるのです。
その時に摂取したほうがいい栄養素としてはビタミンB2を多く含む食べ物、牛肉・豚肉・鶏肉のレバー、卵、納豆、乳製品、うなぎ、のり
ビタミンB6を多く含む食べ物、にんにく、牛肉・豚肉・鶏肉のレバー、まぐろ、かつおなどを摂取するようにしましょう。

■ハゲないためにはどんな対策③:シャンプーを見直す

d806bc5d80c944c6e151f8d166cc0be3_s

当たり前ですがシャンプーのやり方が悪いと、1日中髪や頭皮の汚れが残ったままになってしまいます。

頭皮に余分な皮脂が蓄積すると、毛穴が塞がれます。そして抜け毛や薄毛へと悪化してしまうのです。

さらにシャンプー後のすすぎ残しというのは、頭皮が炎症を起こし、毛穴を詰まらせる原因となり薄毛へと悪化させてしまいます。そして、シャンプー選びも重要です。
ハゲることを気にしている方だけではなく、髪や頭皮のためにいいのはアミノ酸系シャンプー。

アミノ酸系シャンプーは、過剰な洗浄力がないため、皮脂を取り過ぎることはありません。

ただし、アミノ酸系シャンプーでも髪に負担をかける添加物が含まれていたりする場合があります。

購入の際には必ず成分表をみるようにしましょう。

■ハゲないためにはどんな対策④:女性専用の育毛剤を使う

最終手段として、女性育毛剤の利用をするのも一つの手です。

女性用の育毛剤というだけあって、肌に優しいものが多く、可愛いボトルなのが特徴。

気休めにしかならないという話もあるのですが、使わないよりもマシだと思います。

特におすすめはカランサという育毛剤。エビネランエキスと呼ばれる、発毛効果抜群の成分が含まれています。

初回は値段も手頃で2000円台からお試しできるのも嬉しいポイントですね。

カランサの会社HP

参考:女性育毛剤 花蘭咲(カランサ)の口コミは?評判と詳細を知りたい!

女性ならではでできることは女性ホルモンの低下を防ぐことになりますからぜひ参考にしてください。